voices of cats 猫の声

神奈川県の愛川町に外猫のための診療所を始めました。

避妊手術:術後の注意

 外猫の避妊手術では、傷を舐めさせないためのエリザベスカラーを付けることが出来ません。ですから猫が傷口を舐めても開かないように注意し傷を縫い合わせなければなりません。縫い方に皮内縫合というものがあり、縫い糸を皮膚の内側に収めてしまう方法です。当診療所では、この縫い方を実施した後、通常の縫合(多くの方がイメージするような)を追加して終了とします。外猫の多くは抜糸のために再度来院することがないので、糸が勝手に取れてしまう吸収糸を用います。時間の経過により引っ張り強度が弱まり、縫合糸は外れて取れてしまいます。ただ外側の糸を早々に自分で引っ張ってとってしまう子もいます。このため皮内縫合がより重要になります。さて、今回引き取ったサビ猫ちゃんは4日目までに5針縫った糸の4本を自力で取ってしまい(経験上、食べることはほとんどないようです)、残り1本の周囲をペロペロ舐めていたので、気になっていると判断し、こちらで抜糸しました。舐めたことが良くなかったみたいで傷がわずかに開いたため(筋肉の内側に内蔵があり、その外側に皮膚があり、それゆえ内蔵が見えているわけではありません)、エリザベスウェアを着てもらい、その間抗生剤の軟膏とガーゼで傷が治るよう処置しました。

f:id:imahokocontact:20210726070556j:plain

術後5日目

f:id:imahokocontact:20210726070640j:plain

術後6日目エリザベスウェアーを着てます

f:id:imahokocontact:20210726070735j:plain

術後9日目エリザベスウェアーは良くできています

f:id:imahokocontact:20210726070850j:plain

術後10日目傷口の一部がわずかに開いています

f:id:imahokocontact:20210726070957j:plain

術後11日目ほとんど気にならなくなりました

f:id:imahokocontact:20210726071053j:plain

術後14日目傷口は完全にふさがりました

 全ての猫でこのような事が生じるわけではないのですが、多くの外猫は人に慣れているわけではないので、一般に傷口を見ることが難しいようです。術後の経過は、元に戻ってきてご飯をしっかり食べてくれているかが判断材料になります。手術後戻る戻らないの話しは別な機会に譲りますが、外猫の避妊手術には獣医師だけでなく、依頼主様の協力があって成り立つと考えております。

 

ブログ追加しました

ホームページ上のブログでは不定期に情報発信してきました。ただ、文章が多い場合は、こちらの方が楽なので、ホームページからリンクできるように設定しました。専門的な内容は他の動物病院の先生方にお任せして、主にtnr活動に関するものをお伝えできればなと思っています。よろしくお願いいたします。

6月の休診日

6月は今のところ休み無しです。町の検診(自分の)を申し込んであるので、もしかしたらどこかで半日休まなければならないかもしれません。今年になってから、正確には2019年12月から休み無しです。開業後6ヶ月位は月2回休診日として、以前務めていた川崎の病院で里親会の手伝いをしていました。しかし、コロナ渦で病院外での里親会が中止となり出る必要が無くなったので診療所を丸一日閉めることなく今日まで営業続けております。避妊去勢を申し込まれる方は診療所のホームページにあるカレンダーで急な休診日の有無をご確認してくださ。

 

今日はモクモクの日

自宅猫のサクラですが、鼻炎が再度発症したので、今日ネブライザー治療を行いました。3日前からご飯のときすぐに近寄ってこなかったので、その頃から調子崩していたのかもしれません。3日連続で行う予定です。

f:id:imahokocontact:20210528221811j:plain

ネブライザー

f:id:imahokocontact:20210528221849j:plain

モクモクです

 

気になる季節

ノミやマダニが気になる季節になってきました。外猫が多い当診療所では、ノミ以外にも様々な寄生虫に感染している猫ちゃんが来院します。写真にある駆虫薬でほとんど対応できますが、ノミ・マダニ駆除薬以外のものでは時に在庫を切らしてしまう場合があります。また下痢症状などでは糞便検査が薬の選択において必須となる場合もあります。在庫やご不明な点などお問合せください。

f:id:imahokocontact:20210526091943j:plain

駆虫薬色々

 

おかげさまで、当診療所は2019年12月3日に開業し、1周年を迎えることが出来ました。

これもひとえに皆様のご支援の賜物と感謝しております。これを機に外猫の保護活動をされている皆様により一層御満足頂けますよう獣医業に専念する所存でございます。何とぞ今後ともよろしくお願い申し上げます。